双極性障害☆ライフハック

「双極防災」の元ネタを集めたブログです。

双極性障害の原因と研究

 こんばんは。今日は双極性障害の原因の研究について少しだけ触れてみたいと思います。1記事だけでは収まらないので、今日は仮説の一つにフォーカスしてご紹介したいと思います。

 双極性障害をはじめ、神疾患になると、家族、特に両親を恨みがちになるのではないでしょうか。そのようになってしまう背景には、多くの精神疾患でその生物学的な原因がはっきりしていないため、とりあえず伝性の病気なのではないかと人々が考えがちになってしまうことが挙げられます。そしてその生物学的な原因がはっきりしない理由としては、病気のデル動物が存在しないことが一つ挙げられます。想像してみてください、、、自分の気分や体調を言葉に出して伝えられないマウスなどの動物の気持ちを評価することがどれほど難しいことなのか、、、。もちろん最近はiPS細胞などを使って、直接神経細胞を再現し、原因究明を行う研究の試みもされていますが。

 このように、極性障害の原因は、今だにはっきりとはしていません。統合失調症に適応のあるお薬(抗精神病薬)を双極性障害の患者さんに用いると、症状が少し改善することから、ある程度は抗精神病薬が効く部分と似た場所に問題があることが想像されます(例えばーパミン仮説)。また、一卵性双生児と二卵性双生児を対象とした疫学的な研究から、双極性障害の患者さんの染色体(ノム)において、何等かの突然変異が含まれていることが想定されています。そしてそのゲノムの変異は先天的なものではあるものの、両親との関係はほとんど無いと考えられているのが現状です。つまり、両親から双極性障害を遺伝する確率は1%以下だということが調査されているのです。ちなみに単極性うつ病が女性に多いのに対し、双極性障害に男女比は同じと考えられているので、性染色体には異常がなさそうです。

 双極性障害を研究している研究者はまだそれほど多くないと思いますが、私は毎年理化学研究所和光研究所の一般公開日に足を運び、加藤忠史先生のラボを覗いています。ちなみに加藤先生の最新(2018年)の論文のプレスリリースがこちらです↓。

双極性障害におけるミトコンドリアとセロトニンの関係 | 理化学研究所

 近年、トコンドリアの機能を制御するような物質をコードしているDNAに問題があると、双極性障害を発症しやすいのではないかという気運が高まっています。ミトコンドリアというのは、細胞内の小器官の一つで、細胞へのエネルギーの供給や、アポトーシスという細胞の自殺の他、細胞内のカルシウム濃度を調節する機能をもっている物体です。ミトコンドリア病をもっている家系では、双極性障害になりやすいというお話もあり、近年注目されています。ちなみに、ミトコンドリアは母親からしか受け継がれないので、なんとなくそれをご存知のツイッターユーザーさん達からは、「双極性障害は母性遺伝なのではいか」という心配リプライを頂くことが多かったのですが、先述の通り、双極性障害は(一部の家系を除いて)親から子へ遺伝することはほとんどないため、ミトコンドリアそのものの異常ではなく、あくまでミトコンドリアをコントロールしている細胞自体の物質の異常(にあるゲノムに突然変異が入るデノボ変異etc.)によるものと考えられています。(デノボ変異については別記事「遺伝子」で少し説明します)。

  今回の新しい論文では、ミトコンドリアの異常によって脳内の一部のセロトニン神経系が活発になっていることが分かりました。

 

 一応参考資料として、昨年(2017年)の理研和光研究所で見せて頂いた、加藤研究室のパネルをアップしておきます。この時点ではまだセロトニンの話は出ていません。

f:id:CaterinaSiena:20180912195515j:plainf:id:CaterinaSiena:20180912195832j:plainf:id:CaterinaSiena:20180912195909j:plainf:id:CaterinaSiena:20180912195943j:plainf:id:CaterinaSiena:20180912200023j:plainf:id:CaterinaSiena:20180912200046j:plain

 

大事なことは、双極性障害は、気持ちや心の持ちようで解決する病気ではなく、脳内のミトコンドリア機能の異常などに起因する身体的な病気であるということが、世間に認められていくことだと思います。

 

筆者の体調が落ち着いたら、他の先生方の研究の動向についても連載したいと思いますので、お楽しみに。

 

【筆者のつぶやき】

傷口には苦しみがしみてくるかもしれないが、人の優しさもしみてくるのです(渡辺和子さんより)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村

ブログお引越しします!!

退院してから早2か月が過ぎました。この間に書き溜めた「精神疾患ライフハック」は、「双極防災」というタイトルでkindle出版に至り、最近は独り言のような闘病日記のブログとなってしまっております。

また、別のはてなブログ「はじめての作曲と編曲」と別々に管理することが疲れたことや、双極性障害としてのブログラインキングに乗れていなかったこともあって、今回8年ぶりにAmebaブログさんに引っ越すことにしました。

これまで応援してくださったみなさまに感謝申し上げます。

新しいブログは、

ameblo.jp

へと移行となります。尚、アフィリエイトはこのはてなブログだけに置いておこうと思います(AmazoniTunesなど)。

突然のご報告ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

シルバージャパン

これまで患者家族会としてはノーチラス会しかご紹介できていましたが、世の中には精神疾患全般を扱うシルバージャパンというものがあり、リボンマークのバッジなどを購入することはできます。

 

され、クエチアピンを1,1.5,2錠(25mg)のどれにするかバトルですが、昨日は1.5にしたところ、今日は不安感は無くなりましたが、どんより意欲もわきません。

 

でももう季節は冬に向かっているし、そろそろ服を買わねば・・・とユニクロで爆買いしてしました。あと、編み物のスピードをあげるために、次に作りたい毛糸玉を買ってしまいました。

 

お風呂が入りたくない症候群状態だったのですが、無理やりシャワーを浴びて今にいたります。

 

今日は、①ブログ管理②新しい小説づくり③編み物のどれかをぼちぼちやりながらおわりそうです。生理が近いからか、若干眠い・・・

減薬したら再び不安定に

クエチアピン一錠に戻したら、朝から具合悪くなりましたorz

f:id:CaterinaSiena:20181015172445j:image

仕方ないのでワイパックスを飲んでしのいでます。

編み物も不調。左右不対象になってしまいました。

f:id:CaterinaSiena:20181015172612j:image

金曜日の外来が待ち遠しい。

アカシジアきました

クエチアピン1.5錠でなんとかなるかと思ったのですが、やっぱりまだ飽和(というか定常)状態になっていなかったようで、二日目の今日は手が振戦しました。慌ててピペリデンを頓服しましたが、反省して今夜は1錠にしようと思います。ダメだったら0.5錠で。

 

今日の編み物はあまりすすみませんでした。教会にもいかずに曲づくりに興じていました、、、。

f:id:CaterinaSiena:20181014213516j:image

新たな小説も書く準備ができたので、忙しくなりそうです。

 

やっとまともに。

クエチアピン25+12.5ミリにしたら、ようやく不安定感は落ち着きました、このまま上手くいけばいいんだけど。

 

今日の午前中は、ミサ式次第を見直したり、懸賞に応募する小説を推敲したりしてました。あとは、旧約聖書のコヘレトの手紙を読んだり、文章力の啓蒙書などに目を通しましたが、あまり楽しくなく。ギリシャ神話のマンガを買いたいと言い出したあたりで両親にストップかけられました(~_~;)

 

あ、またもやブログ名を変えてしまいました(^_^;)

ちょっと回復

昨晩クエチアピンを25ミリ足したら、今日はワイパックス使わずに済みました。が、まだ不安は残っていたので今夜は50ミリにしてみました。アカシジアが出なければまぁいいかなぁ。

辛すぎて病院へ電話

今日はずっと不安発作が続いて、とても辛かったので主治医に電話。

「聞く限りだと、むしろ薬が合っているような…」

いやぁ、ワイパックスを飲まないと生きられないのは困りますから!

とりあえずクエチアピン25ミリずつあげていくことに。

アカシジアの出ない範囲でね、と念押しされて終了しました。

そんな不安定な自分が今日取り組んでいたものは塗り絵と編み物。

f:id:CaterinaSiena:20181010212829j:plain

この頃あまり教会に行けていないのに、なぜか信仰が深まっていく感覚。

キリスト教イスラエルの人々の宗教で、登場人物も外国人ばかり。それにくらべれば、八百神や神道、仏教は日本やアジアで受け入れられやすい宗教よね。

f:id:CaterinaSiena:20181010212801j:plain

19段編んだところでギブアップしました。毛糸の色をチェンジ。

 

あー。内科に行って喘息の薬もらいたいし、微笑室で髪を切りたいし、バッテリーがおかしくなったスマホを修理に出したいのに、不安発作のせいでこういうインドアなことしか手が付かない。あーもー。